Menu

女性

手に技術をつけられる

調理専門学校は将来料理を仕事にしたい人にとって入っておくとよい学校です。料理の知識と技術を学べる点、就職のサポートが得られる点、仲間と出会える点などが大きなメリットです。就職実績、学費、カリキュラムなどをチェックして選ぶのがコツです。

野菜を切る

シェフを目指す方に

高校の調理科では高校のカリキュラムを受講しながら、本格的な調理実習ができ、調理師免許の取得をはじめ、より専門的に学ぶための進路指導や受験対策、就職支援も受けられます。短大や大学に進学して管理栄養士になったり、卒業後すぐに就職して料理人としてのスタートも切れます。

コーヒー

コーヒーに詳しくなれます

バリスタになりたいという人は年々増加しています。そんなバリスタに関する資格は、認定講座を受講しテストを受けることで取得できます。勉強を進めて行きますとコーヒーに関する知識や淹れる技術が身に付きますので、カフェやコーヒーショップなどでそれを活かす事が可能です。

RECOMMEND POST

女性

手に技術をつけられる

調理専門学校は将来料理を仕事にしたい人にとって入っておくとよい学校です。料理の知識と技術を学べる点、就職のサポートが得られる点、仲間と出会える点などが大きなメリットです。就職実績、学費、カリキュラムなどをチェックして選ぶのがコツです。

野菜を切る

シェフを目指す方に

高校の調理科では高校のカリキュラムを受講しながら、本格的な調理実習ができ、調理師免許の取得をはじめ、より専門的に学ぶための進路指導や受験対策、就職支援も受けられます。短大や大学に進学して管理栄養士になったり、卒業後すぐに就職して料理人としてのスタートも切れます。

カフェで活躍するために

珈琲

スペシャリストを養成

本格的なカフェ文化が根付きつつある日本で、クリエイティブでお洒落な職業として注目を集めているのが、コーヒーのスペシャリストであるバリスタです。美味しいコーヒーやエスプレッソを淹れるのはもちろんのこと、顧客のニーズを察知して適切なサービスを提供する能力が要求される職業でもあります。バリスタとして活動するにあたって資格は必ずしも必要ではありませんが、飲食業界での知名度が高い民間資格を取得しておくことで、プロとしての信用がアップします。バリスタに欠かせない知識や技術を身につけて、資格を取得するには、バリスタを養成している専門のスクールに通うのが間違いのない方法です。近年のカフェブームを受けて、カフェやバールへの就職や、独立開業を目指す人を対象としたコースを設置している調理の専門学校も増えています。コーヒーに関する知識や技術だけではなく、接客技術やカフェ経営のノウハウに至るまで幅広く学べることが特長で、やる気に満ちた生徒たちで賑わっています。資格の取得に加えて、カフェやバールへの就職や海外留学のサポートを行っているスクールや専門学校も多く、生徒たちの夢を積極的にバックアップしています。スクールや専門学校で手に入れる人脈も、バリスタとして仕事を続けていく上での貴重な財産になります。バリスタがラテアートなどの技術を競い合う大会も国内外で開催されており、入賞を目指して練習に励むことで、更なるスキルアップが可能です。

女性

実力がしっかり身に付く

憧れの店で料理人として働きたい、自分の料理を多くの人に食べてもらいたいという人の夢を叶えてきたのが調理の専門学校です。授業はほとんどが実習なので料理初心者の人でも卒業時には最初とは比べ物にならないほど料理が上手くなっています。

女性

普通課との費用の違い

調理に関する学習をする場合には、専門学校での学習が一般的であるが高校で学習する方法もある。費用面では普通科に比べ、高くなる傾向があるが、通常の学習に比べ調理の知識を身に付けられるため、卒業後活用しやすい。