Menu

シェフを目指す方に

野菜を切る

料理人になる夢への第一歩

将来はホテルのシェフになりたい、高級レストランや老舗料亭で活躍したい、将来は自分でレストランを持ちたい方や実家のレストランを継ぎたいなどの夢を抱いている方に、その第一歩をアシストしてくれるのが高校の調理科です。高校のカリキュラムを学びながら、調理の専門レクチャーや実習が豊富に組み込まれており、高校卒業と同時に調理師免許の取得ができるコースなども設けられています。高校を卒業して直ぐに就職する方もいますし、付属の短大や大学、その他の大学の家政科や栄養科に進んで栄養士や管理栄養士、栄養教諭などの免許を取得する方、専門学校に進学してさらに専門性を極める方、フランスやイタリアなどに修行に行く方などもいます。高校の調理科の生徒がその技術や料理のアイディアなどを競い合う大会やコンテストなども近年増えており、クラスメイトとの思い出作りをしながら、腕を磨いていくこともできます。実習においては外部から有名なシェフなどが来て指導をしてくれたり、逆にホテルのレストランや有名料亭などで実習をする機会が得られることもあります。夏休みなどの機会を利用してフレンチの修行にフランスに短期留学をする機会などもあり、将来の料理人として実践的に学ぶ機会が得られます。進学される方への進路指導や受験対策はもちろん、就職のサポートも丁寧に行われ、高卒で直ぐに料理人としてデビューできる道も開かれています。どのような将来像を描くかを明確にしながら、高校の受験対策を行いましょう。